テレサ・テン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マダムタッソー・シンガポールのテレサ・テン人形

IMG_5366s.jpg

新年から出遅れましたが、今年もよろしくお願いいたします。

さて、今日はシンガポールでテレサゆかりの地めぐりをして来た友人からの話題です。
昨年10月、シンガポールのセントーサにマダムタッソー蝋人形館がオープンしました。
ホームページを見ただけではわかりませんが、テレサの蝋人形もちゃんとあります。

 IMG_5364.jpg IMG_5365.jpg IMG_5363.jpg
(写真提供:王小秋さん)

これまでの香港上海のマダムタッソーにあるテレサ・テン人形とはちがって、こちらはショートカット。
76~77年頃の雰囲気でしょうか、少しだけ若くてかわいらしく見えますね^^


・Madametussauds Singapore
 https://www.madametussauds.com/Singapore/




スポンサーサイト

日月潭のテレサ・テン紀念文物館

7月19日に台湾の日月潭にオープンした「鄧麗君紀念文物館」について、少し情報を集めてみました。

鄧麗君紀念文物館 (※2015年5月閉館)
日月潭晶喜城 Sun Moon Lake Delight Mall 3F

・住所:南投縣魚池鄉中山路163號 (日月潭水社遊客中心)
・TEL:049-2855353
・フロアマップ:http://www.delightmall.com.tw/floor_4.php
・交通:http://www.delightmall.com.tw/service.php
・入場料:100元(1人)
・営業時間:AM10:30~PM8:30 (休館日不明)

サイトの説明によると、入場券売り場は1Fにあるとのこと。
高雄の鄧麗君紀念文物館は主に団体向けですが、こちらは個人でOK。
フランス時代の寝室セット、ステージ衣裳、身の回り品(ヴィトンのバッグや化粧品)、写真、レコードなどが展示されていて、記念品売り場もあるようです。
日月潭へ観光に行く機会があれば、ぜひ立ち寄ってみたいですね。

riyue01.jpgriyue02.jpgriyue03.jpgriyue05.jpgriyue06.jpg


(関連サイト)
・日月潭晶喜城のFacebookページ(鄧麗君紀念文物館のアルバム部分)
 https://www.facebook.com/media/set/?set=a.779645248741969.1073741833.610464138993415&type=3
・りんご日報(動画あり)
 http://www.appledaily.com.tw/realtimenews/article/new/20140720/436476/

[地図]

大きな地図で見る

テレサ・テンのテーマホテル?

遅ればせながら...
新年おめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、今年最初の話題は、Twitterで知り合った しまなみかおるさんが提供してくださったチェンマイのメイピンホテルのレポートです。

チェンマイのメイピンホテル(Imperial Mae Ping Hotel)はテレサの終の棲家となった場所。
1995年5月8日、テレサはこのホテル滞在中に発作を起こし、そして帰らぬ人となってしまいました...

そのメーピンホテルが、現在はテレサの聖地というかテレサ・テンのテーマホテル状態になっているそうなのです。
以下は、お正月をメイピンホテルで過ごされたしまなみさんのお話とお写真です。

---------------------------------------------------------------
メーピンホテルはもう聖地というかテレサのテーマホテル状態になっています。
コーヒーショップでは巨大スクリーンに歌うテレサが映し出され、テレサの滞在したスイートルームの見学ツアーもあります。

元旦にメーピンホテルにチェックイン後、フロントまでテレサの滞在した部屋の見学希望の申し出をしようとしたところ、カウンターでこんなものを発見しました。

01_20140119181935365.jpg

(おお、テレサが泊っていたお部屋見学とドリンクやリラクゼーションがセットになったツアーがあるのですね!)

早速1時間のフットマッサージ付き1000バーツの見学プランを申し込みました。
部屋番号は聞かれなかったので、宿泊者以外でも申し込める模様です。
この見学プラン、期間限定(12月末迄と書いている)と書いていながら、延長されている模様。

(期間限定なのですか。テレサのお誕生日、あるいは旧正月まで続くとか...?)

1階のエレベーター横のコーヒーショップのアフタヌーンティータイムは、ずっとテレサの曲が流れ、まるで香港のテレサカフェのような状態です。

03_2014011918193705e.jpg

(いいですね~。日本にはない雰囲気です。香港も羨ましい...)

テレサの滞在した部屋の見学が始まるまでの30分間は自室で待機しました。
こちらは入場券とお土産の絵葉書など。

04_20140119181939abc.jpg

(美しい!)

いよいよテレサの滞在した1502号室の見学開始です。こちらは部屋の入り口です。

05.jpg

(1502号はTeresa Teng suiteですか!確か以前はQueens suiteでしたよね。)

部屋に入ってすぐにあるリビングルームの入り口には、テレサの写真がありました。

06.jpg

(あ、このお写真は見たことがあります。)

リビングルームです。今回は北京から来られた若い4人のグループと一緒でした。
彼等に「テレサの事好き?」と尋ねると「勿論」と答えが返ってきました(^ ^)

07.jpg

(^ ^)

部屋の中にはテレサが滞在した時の貴重な写真も展示されていました。

08.jpg

これはテレサの人生最後のステージで、「梅花」を歌ってる時のものですかね?

09.jpg

(1995年正月に飛び入りで梅花を歌ったという時のお写真かも!)

寝室です。

10_20140119182320734.jpg

(これは書籍や友達の写真でも見たことがあります。まさに聖地ですね。)

寝室の奥にあるバスルーム。めっちゃ広いです。

11.jpg

(バスルームまで!ありがとうございます。)

リビングルームから寝室への廊下です。

12.jpg

(これだけでも、お部屋の広さが伺えます。)

最後に1502号室からのチェンマイ市内と、ドイステープ山の眺め。

13.jpg

(いい眺めですね~ この景色とても懐かしさを感じます...)

---------------------------------------------------------------

私もいつかは行ってみたいです。
中国のサイトでは「邓丽君 梅萍酒店」で検索すると結構出てくるそうなのですが、日本人の方による情報としては大変貴重ですね。
しまなみさん、テレサゆかりの地・メイピンホテルの情報を知らせてくださってありがとうございました。


NEXT≫
ホームページ

テレサ・テン メモリアルページ

テレサ・テン

twitter (最近のツイート)
(続きを見る)
最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
FC2カウンター
QRコード
QR
最近のCD&DVD
最近の書籍
海外の商品

▽YesAsiaでテレサ・テンを検索!

 ⇒YesAsia.com
 ⇒テレサ・テン


鄧麗君之歌 第1集 (復黑版)


鄧麗君之歌 第2集 (復黑版)


鄧麗君之歌 第3集 (復黑版)


晶晶 (復黑版)


鄧麗君之歌 第5集 (復黑版)


鄧麗君之歌 第6集 (復黑版)


鄧麗君之歌 第7集 (復黑版)


鄧麗君之歌 第9集 (復黑版)


鄧麗君之歌 第10集 (復黑版)


鄧麗君之歌 第11集 (復黑版)

>
鄧麗君之歌 第12集 (復黑版)


鄧麗君之歌 第15集 (復黑版)


鄧麗君之歌 第16集 (復黑版)


鄧麗君之歌 第17集 (復黑版)


鄧麗君之歌 第18集 (復黑版)


勸世歌 (復黑版)


鄧麗君之歌 第19集 (復黑版)


鄧麗君之歌 第20集 (復黑版)

more...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。